VAPEはたばこに似た使い方から電子たばことなる

たばこの吸い方として、まずは箱から一本手に取ります。そしてライターなどで先端に火をつけます。火が付くと煙が出てきます。その煙を吸うのではなく、火をつけた逆側の吸い口から吸い込みます。この時にはそして煙を吐き出すを繰り返します。新しいタイプの嗜好品としてVAPEが登場しましたが、電子たばこといわれています。たばこに非常に似た使い方をすることからこう呼ばれています。電子といわれるだけあって電気を使います。これまでのたばこのように、吸い殻などは出ません。機械の中に香りの元であるリキッドを入れて置き、後は電源を入れます。すると吸い口からどんどん煙が出てきます。これを吸って吐き出すを繰り返します。煙に見えますが、実際は水蒸気です。たばこに含まれるタール、一酸化炭素などの有害物質は含まれていません。日本製はニコチンも含まれていません。

VAPEにはたばこに似た形をしたものもある

子供は大人のすることに憧れ、見よう見まねですることがあります。親がたばこを吸っていたり、テレビなどでたばこを吸っているシーンがあれば、同じようにしてみたいと考えるでしょう。さすがに本物は使えないので、鉛筆などを加えてすったふりをする人もいたかもしれません。たばこといえば、白い紙で包まれた長い円柱です。すべて白いものもあれば、吸い口部分だけ茶色っぽいものもあります。白くて細長い円柱を見るとたばこを連想することも多いでしょう。禁煙道具にも同じ形で作られるものがあります。VAPEが日本で登場する当時、見た目がたばこそっくりのものがありました。今もあります。白い本体に、吸い口部分だけ茶色です。たばこを吸う気分を味わうなら良いアイテムかもしれません。でももっとスタイリッシュなものが出てきて、そちらの方が人気が高くなっています。

VAPEはたばこのように指で挟めない

たばこを吸う人なら、たばこの持ち方はわかるでしょう。吸わない人でも、吸っている人の様子を見ていますから、大体どう持つかはわかります。多いのは、人差し指と中指の第一関節あたりで挟み込む方法でしょう。その他、最近は親指と人差し指でつまむようにして吸う人もいます。VAPEは電子たばこともいわれ、たばこの代わりになるとして注目されています。その時には、たばこと同じような使われ方を求めることがあります。手に持つときも人差し指と中指で挟んで持って吸うことができる科です。実際にやってみるとわかります。たばこは、紙などが原料です。ですから非常に軽いです。VAPEは、金属製で、バッテリーなどが入っています。また液体のリキッドも入れておきます。軽いですが、指で挟んで吸うのは少し厳しいかもしれません。親指と人差し指、さらにその他の指を添えて使うことが多いです。

Eleaf・INNOKIN・aspireをはじめ有名ブランドの電子タバコを購入できます。 リキッドは様々な種類があるため、お気に入りのフレーバーを探す楽しみもあります。 海外ではエナジードリンク風のリキッドが品切れになるほど人気です。 「VAPE」とは電子タバコのことです。 Joyetechやaspireを購入可能、デザイン・機能に富んだ様々な電子タバコを選ぶことができます。【ベイプスタジオ】VAPEが入手できる通販はこちら

Comments are closed